「起きている時間に快眠を作る」の記事一覧

睡眠サイクルに合わせて目覚まし時計をセット

alarm-clock

朝起きるときに欠かせない目覚まし時計。しかし、実は快眠にはデメリットもあるって知っていましたか?目覚まし時計で起きると不快な理由と、気持ちよく起きられる時間の法則を詳しく紹介します。

朝スッキリと目覚める4つのコツ

wake-up

目覚ましを使わずに、決まった時間に朝スッキリと起きられると気持ちいいですよね!体内時計の力で朝起きる方法を4つ紹介します。どれもすぐ実践できるものばかりなので、ぜひ試してみて下さい。また、二度寝をしたくなったときの対処法も紹介。

日中の軽めの運動が良質な眠りを誘う

light-exercise

日中に体を動かすと夜眠れるようになります。誰でも簡単にすぐ始められるウォーキングには、不眠改善はもちろん、それ以外のメリットもいっぱい。ウォーキングの魅力と、体を不眠から救う「メリハリのついた生活」について紹介します。

メラトニンを増やし不眠を改善する食生活

eating-habits

体の中から不眠を改善するためには、食事から取り入れる栄養素の力が欠かせません。快眠につながる食事の基本をおさらい。睡眠ホルモン「メラトニン」を作るのに必要な栄養や、うつ・不眠傾向をもたらす糖分のデメリットについて紹介します。

「パワーナップ」で昼間の眠気を解消!

power-nap

午後になるとどうしても眠くて仕方ない…そんなときは思い切って「パワーナップ(仮眠・昼寝)」をしてみてはどうでしょうか?国内外の多くの企業が取り入れているパワーナップがもたらすメリットと、寝過ごしや夜の不眠に影響しない上手なやり方を紹介します。

カフェインを摂るゴールデンタイムは?

caffeine

眠気を覚まし、集中力をアップさせてくれる効果のあるカフェインですが、不眠の症状があるときはNGなのでしょうか?カフェインの効果のメカニズムとデメリット、飲むゴールデンタイムについて紹介します。

「睡眠の法則」で体のリズムをリセット

reset-rule

睡眠は、主に体の3つの体内時計によって左右されています。休日のご褒美代わりにしている「寝だめ」のデメリットとは?良い睡眠は体のリズムを整えることから始まります。3つのリズムの特徴をおさらいし、「朝起きて、夜寝る」リズムを作る法則を紹介します。

夜勤など夜起きている場合の睡眠健康法

night-duty

夜勤や交代シフトで「朝起きて、夜寝る」といった生活が送れない場合でも、体を徐々に慣らすことで不眠や、睡眠障害のリスクを軽くすることができます。夜勤で働く人のための睡眠健康法を詳しく紹介します。不規則なシフトで働く人は実践してみて下さい。

それでも眠れない夜のために

nevertheless

途中で何度も目覚めたり、寝付きが悪い日が続くと「今日も眠れるだろうか…」と不安になってきます。でも、「寝なければいけない」と思い詰めると、かえって眠れなくなってしまいます。どうしても寝れない時の対処法や、仮想睡眠の摂り方を紹介します。


不眠症対策のセオリー!睡眠薬に頼らず不眠を治す快眠法 TOPへ戻る

このページの先頭へ