「不眠症解消のために出来る工夫」の記事一覧

快眠できるベッドルームの作り方

bedroom

よく眠るためには睡眠に適した環境が大切です。あなたの部屋が眠りやすいかどうかを簡単なチェックで判断。カーテン、エアコン、照明など、寝室内を改善するだけで眠りやすくなる「快眠のヒント」を紹介します。

気持ちよく眠るための寝具の選び方

bedding

体と脳を休めるベッドや布団で過ごす時間は、人間の一生の1/3を占めると言われています。寝心地の悪いベッドでは不眠の症状も改善しません。敷布団やマットレス、掛布団、枕など、気持ちよく眠るためのポイントを紹介します。

寝る前にした方が良いこと6選

good-thing

快適な眠りを作るためには、寝る前の時間の過ごし方がカギ。寝る前にした方が良いこと6選です。お風呂の入り方や手足の温度、目や体を休めて眠りにつきやすくする方法を具体的に解説します。寝る前にしてはいけないことと併せて確認しておきましょう。

寝る前にしてはいけないこと6選

bad-thing

不眠がつらいあなたは、寝る前にこんな行動をしていませんか?当たり前のように行っている習慣が、もしかすると睡眠の邪魔をしているかもしれません。スマホ、パソコン、仕事、お風呂など、寝る前にすると眠りづらくなる行動を紹介します。

眠りを誘うα波と騒音対策

alpha-wave

寝ている間も様々な音をとらえる「耳」。その入ってくる音は、眠りの状態を大きく左右します。心地よい眠りにつくために、寝る前に聞きたいオススメの音楽と、その選び方。騒音に悩むときに使いたい耳栓の選び方をそれぞれ紹介します。

安眠効果を高めるアロマテラピー

aromatherapy

鼻から嗅ぐニオイは、脳に素早く関知されるため効果絶大です。ハーブから採取されるアロマオイルを使ったオイルやキャンドルを使って、香りで快眠を誘う方法を紹介します。正しい使い方や副作用についても知り、上手に活用しましょう。

寝る前のストレッチと「自律訓練法」

autogenic-training

昼間頑張った身体には、コリや疲れが溜まっています。寝る前にリラックスできる簡単なストレッチ方法とは。悩みや不安で頭がいっぱいだと眠りづらいもの。心と体をイメージしながらコントロールする「自律訓練法」について紹介します。

睡眠記録をつけてみよう

log

自分の睡眠が実際にどんなものなのかを客観的に把握するためには、「睡眠記録」をつけるのがオススメです。睡眠記録をつける意味や、書いておきたい内容とは。スマートフォンアプリやウェブサイトを使った簡単な睡眠ログの付け方についても紹介します。

夢見を良くして、悪夢を見ないようにするコツ

nightmare

子どもの頃、怖い夢を見て目が覚めた後、泣いてしまったことはありませんか?大人になっても嫌な夢や怖い夢を見たくないのは同じです。良い夢見を実現するためのコツと、悪夢を引き寄せる習慣について紹介します。


不眠症対策のセオリー!睡眠薬に頼らず不眠を治す快眠法 TOPへ戻る

このページの先頭へ