人は眠らないとどうなる?の実験結果

experiment-title

11日間眠らなかった人の行動記録

三大欲求の一つである睡眠欲。誰しもどう頑張っても「眠気に勝てない…」と言うときがありますよね。もしも、眠気に無理に逆らい、眠らなかった場合はどうなるのでしょうか?

睡眠欲に抵抗する「断眠実験」というものがあります。断眠実験をした結果としてよく知られるのが、アメリカの高校生が1964年に記録した264時間12分(約11日間)というもの。断眠の4日目当たりから、イライラや妄想、体の震えや言語障害といった障害が次々に起こったと言われています。

これは睡眠が強制的に妨げられたことによって、大脳の働きが低下したことを示しています。不眠によって、脳がコントロールしている「記憶」「感情」「言語」をはじめ、そして体の様々な機能が混乱しだした結果、現れた症状です。

ネズミを使った実験では、完全に睡眠を遮断した場合、約1~2週間で死んでしまうという結果があります。これは食事を与えなかった時よりも短い時間です。実験対象となったネズミを調べると、脳の視床が損傷して体温調節ができず、非常に衰弱していました。

人間の場合、眠らない状態で居続けると死んでしまうと言われています。一般に、4時間睡眠が1週間以上続くと高次機能の低下が著しくなり、それ以上になると心臓への負担などが増え、突然死のリスクも上昇。

また、眠らないことによる一種のナチュラル・ハイ状態になり、奇妙に楽観的になったり、周りの人に暴力的になったりと、精神的な異変を起こすことがわかっています。

脳は睡眠によって正しい働きができる仕組みになっています。慢性的な寝不足は「脳を殺す」といっても過言ではないのです。

睡眠不足で起きた重大事故

寝不足のままの状態が続くと、特に脳の高次機能である「判断力」「注意力」「集中力」などが低下しやすくなります。また、不眠状態が続くと、起きている時間に突発的に短い眠りを取り、脳を守ろうとします。居眠りや睡眠時無呼吸症候群などはその一例です。

睡眠不足が引き金となって起きた事故に、アメリカの「スリーマイル島原発事故」「チャレンジャー号打ち上げ失敗事故」や旧ソ連の「チェルノブイリ原発事故」などがあります。

いずれも監視員や作業員が寝不足で注意力を欠き、正しい対応ができなかったことが原因の一つとされています。これ以外にも、タンカーや飛行機、新幹線や高速バスなどで、取り返しのつかない大事故や大損害が起こっています。

人は眠らないと脳が正常に働かず、そこからミスや事故などが起こります。たかが睡眠、されど睡眠。自分の命と健康だけでなく他の人の命や安全を守るのも、睡眠の大きな役割かもしれません。

関連記事


「睡眠のメカニズム」の記事一覧へ

不眠症対策のセオリー!睡眠薬に頼らず不眠を治す快眠法 TOPへ

このページの先頭へ