不眠に関わるセロトニンとメラトニン

hormone-title

睡眠に関わるホルモン「メラトニン」

私たちの体には概日リズム(サーカディアンリズム)という、体内時計がセットされています。そのサイクルの中で睡眠欲やリラックス感を出すホルモンが「メラトニン」です。

メラトニンは脳の中の松果体というところで作られます。メラトニンは、日中に強い光を浴びると減少し、夜暗くなってくると増えるという性質があります。メラトニンが分泌され始めると体温や脈拍、血圧などが低下して眠くなってきます。

メラトニンはアミノ酸の一種であるトリプトファンからセロトニンを経て体内で合成されます。メラトニンの分泌量は幼児期(1~5歳)に最も多く分泌され、年齢とともに現象します。小さな子どもがよく眠り、年齢とともに睡眠時間が短くなるのはこのためです。

幸せホルモン「セロトニン」

メラトニンの元となる「セロトニン」は、神経伝達物質として脳をはじめ体内で重要な役割を果たしています。セロトニンが通る神経伝達回路は「セロトニン神経」とも呼ばれています。

セロトニンは快楽物質である「ドーパミン」や交感神経を高ぶらせる「ノルアドレナリン」をコントロールし、精神安定や脈拍・血圧の安定、緊張や痛みの軽減など、さまざまな効果をもたらします。そのため、セロトニンを「幸せホルモン」と呼ぶ人もあります。セロトニンが不足すると感情の抑制が効かなくなり、うつ病や依存症になりやすいといった指摘もあります。

アミノ酸の一種、トリプトファンから作られたセロトニンは体内の様々なところで活動しますが、夜になると「メラトニン」としても働き、睡眠を促します。

うつ病と不眠との悪循環

うつ病の人にはさまざまな症状がありますが、最も多い症状は「不眠」です。うつ病の人は寝付きが悪く、明け方に何度も目が覚めてしまうことが多いのです。うつと不眠は相互に関係し合い、眠れなくてうつ病になり、不眠がさらにうつ状態を悪化させる…といった悪循環が生まれやすいと言えます。

メラトニンとセロトニンは、日光を浴び、軽い運動をするだけでも分泌量が増えます。不眠で、ちょっと気持ちも落ち込みがち…という人は、まず生活の中からセロトニンを増やす習慣を作ってみましょう。

関連記事


「睡眠のメカニズム」の記事一覧へ

不眠症対策のセオリー!睡眠薬に頼らず不眠を治す快眠法 TOPへ

このページの先頭へ