寝る前にした方が良いこと6選

good-thing-title

快眠を誘う「寝る前にしたほうがいいこと」は以下の6つです。

  • ぬるめのお風呂にゆっくりつかる
  • 目を休める
  • ストレッチや深呼吸をする
  • パジャマに着替える
  • 部屋の明かりを暗くする
  • 手足を温める
ぬるめのお風呂にゆっくりつかる

ぬるめのお風呂にゆっくり入ると、副交感神経が働きリラックスした気分に。体の筋肉の緊張もほぐれ、上がった後は徐々に深部体温が下がるため、ゆっくり眠れるようになります。

目を休める

脳が興奮する一番の刺激が「視覚」です。寝る前はスマートフォンやパソコン、ゲームなどをやめて目を休めるようにしましょう。、眼球のストレッチや、ホットパックなどで目の周りを暖めると目の疲れが取れてオススメです。

ストレッチや深呼吸をする

仕事や勉強などで脳に血が上っていたり、疲れで体の筋肉が凝っていたりするとよく眠れません。お風呂上がりにストレッチをして筋肉を伸ばすと全身の血液の循環がスムーズになり、脳の興奮も落ち着いてきます。ストレッチが難しい場合はゆっくりと腹式呼吸をするのも効果的です。

パジャマに着替える

寝るときはベッドで眠るように、寝るときに適したパジャマや寝間着に着替えるのも効果的です。体の締め付けが少なく通気性のいいパジャマに着替えることで、脳にも「眠る時間」というサインを送れますし、体もゆったりとして寝付きやすくなります。

部屋の明かりを暗くする

目に入ってくる光がまぶしいと脳が興奮し、覚醒します。寝る前には照明を落としましょう。

間接照明のダウンライトやランプなどでぼんやりと部屋の中を照らすようにするのがオススメ。カーテンをしっかり閉め、朝まで明かりをシャットアウトすることも大切です。

手足を温める

赤ちゃんが寝る前に手足が熱くなります。これは手足のうらが体の体温調節をするラジエーターの役割をしているから。大人も同様で、手足がが冷たいと寝づらくなります。、寝る前はお風呂やストレッチなどで手足を暖かくしましょう。

寝るときは「頭寒足熱」が重要

寝るときは「頭は冷たく、足は温かく」が原則です。お風呂上がりに湯冷めしないようにし、頭は通気性の良い枕でさわやかに。足下は湯たんぽなどで温かくしましょう。足の裏は汗をかきやすいので、靴下よりはふくらはぎを温めるレッグウォーマーの方が効果的です。

関連記事


「不眠症解消のために出来る工夫」の記事一覧へ

不眠症対策のセオリー!睡眠薬に頼らず不眠を治す快眠法 TOPへ

このページの先頭へ